怒る 類語。 「叱責」の意味と使い方、類語「怒る・叱咤・譴責」との違い、対義語、英語

「怒る」の敬語表現・怒るの使い方と例文・別の敬語表現例

類語 怒る

逆上した相手をなだめるため、ゆったりと語りかけた。 また、目下の人が目上の人から、言動などについて強くとがめられる場合は、「叱られる」「叱られた」などの形へと言い換えて使用するのが一般的だと言えそうです。 目に見えて激昂する人もいれば、怒りを抑えて交渉に挑む人もいる。

20
度々訓戒を与えられてきたが、今回ばかりはさすがにそうもいかないだろう。 気のおける友人の前では気が緩み、ついつい私生活の小言を漏らしてしまう。

🖕怒る 類語

類語 怒る

・怒る ・厳重注意 ・怒鳴りつける ・怒り付ける ・注意する 「叱る」の反対語 ここまで、「叱る」という言葉の意味などについて、さまざまな角度から考察・ご紹介してきました。 自尊心を刺激してやれば、彼はますます激昂して睨みつけてきた。

8
叱責を免れない 自分が過ちやミスをしてしまって、叱責されることから逃れられない状況にあるときは、「 叱責を免れない」という言い回しを使用します。

「叱責」の意味と使い方、類語「怒る・叱咤・譴責」との違い、対義語、英語

類語 怒る

「げっこう」とも読まれ、漢字では「激高」とも表しますが、意味に違いはありません。 「叱る」の使い方 「叱る」という言葉の意味を理解したところで、続いては「叱る」という言葉の基本的な使い方について、上記で考察した意味を踏まえて考えていきましょう。

15
類語や同義語などの、意味が似ている言葉などもいくつかご紹介してきましたが、その中でも「怒る」という言葉は、「叱る」と混同しやすい言葉の1つだと言えるでしょう。

🖕怒る 類語

類語 怒る

「怒っている」の「いる」の尊敬語は「いらっしゃる」になるからです。 引用の内容から、「怒る」には2種類の意味があることが読み取れます。 特にビジネスでは上司や取引先の方やお客様を怒らせてしまう機会があると、気分も落ち込みますし今後の関係性にも響いてきます。

13
この機会にぜひ、「叱る」という言葉の意味や使い方を見直してみて下さい。

「叱る」の意味と使い方・類語・反対語・「怒る」との違い

類語 怒る

そこから転じて「 目下の人に対して堅苦しく言い聞かせたり、教え導くこと」という意味で使用されるようになりました。 「叱責」は「叱る」とほぼ同義になりますが、「罵倒」は、「誹謗」「中傷」に近いです。

以下に引用した「goo辞書」の解説によると、「叱る」という言葉には、行動や言動などをとがめることを表現する意味が含まれていることが読み取れます。 職務上の過失などもっと重たいことに対しての処分が「訓戒」です。

「叱る」の意味と使い方・類語・反対語・「怒る」との違い

類語 怒る

意味:不正行為を知った彼は、激怒した。 「叱る」という言葉は、日常会話などでも使用されるケースがある言葉です。 叱る(しかる) 「叱る」の意味は「 相手の非を認めて、それを改めようとして厳しく注意すること」です。

20
指導(しどう) 「指導」の意味は「 ある目的や意図されたところに向かって教え示すこと」です。 幼い頃は、とにかく良心に叱られていた記憶があります。